お客様事例

英語公用語化を推進中。goFLUENTは重要なパートナー

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社
総務・人事部 総務・人事部長
エレン・ブルゲール様

―英語教育、グローバル化における状況・課題について教えてください

弊社は本社がフランスにあり、ヨーロッパのスペシャリストとのネットワークが増えている中、英語は必須となってきています。また、弊社ヘリコプター事業においては英語が共通語なので、最新の出版物や研修のマニュアルは英語で書かれております。そのため、日本においても社内の公用語が英語となるような仕組みを作っている最中です。

柔軟な英語学習システムを提供することは、社員が自発的にレベルに合った学習を進めていくためには必要です。goFLUENTと企画したエンゲージメント向上のための施策を通して、確実に利用者の人数は増え、会社全体の英語力の底上げにつながっています。英語のレベルが上がっているだけでなく、英語に対する関心も高まっていることを感じています。

―goFLUENTの効果、受講者の反響などはいかがでしょうか

goFLUENTの時間を選ばないフレキシビリティと、弊社のニーズに合わせてカスタマイズが可能なところが気に入っています。3年前に導入しましたが、参加した社員からはとても好評で、それ以来毎年goFLUENTを選んでいます。特に、「英語に対してのプレッシャーが軽減した」「外国人とのミーティングや電話対応に自信がついた」という声をよく耳します。海外への出張や残業等により決められた時間での学習が困難な中、気軽に好きな時間にアクセスできるので、レッスンを受講しやすいという点が好評です。

―ずばり、goFLUENTの魅力・特長を一言で

コンテンツがとにかく豊富で、いろんな側面から苦手分野を克服するためのプログラムとしてカスタマイズができる。

弊社の英語教育プログラムのパートナーとして、goFLUENTの更なるサービス向上に期待しております。