Stack of different foreign language books on top of a laptop with screen opening the goFLUENT portal.

 世界には多くの言語があり、何語を学べばいいのか迷うことがあります。ここでは、そんなあなたのために、いくつかのヒントをご紹介します。

 

そもそも、なぜ語学を学ぶのでしょうか?

第二言語を学ぶのは面倒で難しく思えるかもしれませんが、実はとてもやりがいがあって楽しいことです。さらに、脳の力がアップする、自信がつく、より多くの人とつながるチャンスがある、世界を違った角度から見ることができるなど、さまざまな利点があります。もちろん、語学はさまざまな専門分野で欠かせないスキルや武器にもなります。

しかし、どんな言語を学べばよいのでしょうか?

あなたは言語を学びたいのですか?それは素晴らしいことです。でも、世界中にある何百もの言語の中からどの言語を学ぶかを選ぶのは大変なことで、圧倒されるかもしれません。特に、グローバルに話される言語は多くあるので、その中から選ぶのは大変です。どれが自分に一番合うか決めるのは確かに気が遠くなるようなことかもしれません。

キャリアや教育のために新しい言語を学ぶ人もいれば、ただ異文化に浸りたいだけの人もいます。ですから、語学学習のためのリソースを利用し始める前に、勉強する正当な理由を持つことが重要なのです。
多くの人は、広く話されている言語を学ぶべきだと考えています。しかし、学習言語を選択する際に考慮すべき事柄は他にもたくさんあります。以下に、そのいくつかを挙げてみましょう。

 

純粋に興味のある言語

その言語に興味があればあるほど、その言語を学ぶ意欲が高まります。好きなバンドやショー、映画をよりよく理解するために何か言語を学んでいるなら、あるいは、その言語の美しさに本当に魅了されているなら、どうぞ、あなたの興味をそそる言語を選んでください!そうすれば、その言語を学ぶことが有益なだけでなく、より刺激的になります。そうすれば、その言語を学ぶことはあなたにとって有益であるだけでなく、よりエキサイティングなものになるはずです。

 

すでに教材となるツールを持っている言語

学習したい言語の学習教材に簡単にアクセスできますか?受講できるコースはありますか?これらのツールがないと、語学学習は難しくなるため、簡単に利用できるものであることは非常に重要な要素です。フランス語、スペイン語、ドイツ語などの人気言語は問題ありませんが、あまり学習されていない語学教材を見つけるのは難しいかもしれません。

しかし、テクノロジーの進歩により、より簡単に語学を学べる教材が次々と登場しています。例えば、goFLUENT。教科書や対面式の授業に頼りきっていた時代は終わりました。いつでも、どこでも、スマートデバイスで語学を学ぶことができるのです。さらに、学習リソースに求めるすべてのもの(適切な人間的タッチ、テクノロジー、適切なコンテンツ)をすぐに操作できるよう、スーパー・パーソナライズされたブレンド学習が提供されます。

 

あなたの母国語に近い言語

あなたがすでに流暢に話せる言語は何ですか?信じられないかもしれませんが、これは次に勉強すべき言語を検討する際に大きな要因となります。もし、語学学習を少しでも楽にしたいと思うのであれば、音や構造、語彙の面で、どの言語が自分の母国語と最も似ているかを考えることから始めるとよいでしょう。もしあなたがスペイン語をすでに知っているなら、同じ語族であるポルトガル語を学ぶことを検討してもいいかもしれません。あるいは、英語を母国語とする人なら、中国語はどうでしょう。もしかしたら、母国語と似ているため、すぐに流暢に話せるようになるかもしれませんよ。

 

あなたのキャリアアップに役立つ言語

キャリアアップのため、他の競争相手と差をつけられるよう語学を学ぶ以上に良い方法はないでしょう。グローバル化が進む現代社会では、企業も国際競争力のある社員を求めています。バイリンガル、あるいはマルチリンガルであることが、個人のキャリアをより成功に導くことは、さまざまな研究によって証明されています。
広く話されている言語を学ぶことは良いことかもしれませんが、それでも、あなたがどこにいるか、どこで働くつもりなのか、どの仕事に就きたいのかによって、それは変わってきます。英語が得意な人を求める企業もあれば、中国語やフランス語ができる人を好む企業もあります。ですから、学ぶべき言語を選ぶことは、あなたの個人的なキャリアプランにも左右されるかもしれません。

 

自分にとって役に立つ言語であること

有用性は間違いなく考慮すべき点です。常に練習し、応用することで、その言語をよりよくマスターすることができるからです。これは、勉強しているときから、日常会話や旅行、仕事などで実際に使えるようになるまでの間にも当てはまります。もしあなたが学ぼうとしている言語が、自分の考えをよりよく表現したり、人が言おうとしていることを理解したり、仕事をよりよくこなすのに役立つものであれば、その言語が有用であることが分かります。

イタリアで仕事をしていたり、イタリア人の顧客が多い場合は、イタリア語が適しているかもしれません。あるいは、一緒に仕事をする人が英語を話す人なら、彼らとよりよく協力するために英語を話す必要があるので、学習するのは英語の方がよいかもしれません。どんな言語でも、自分にとって一番有利なものを選んでください。そうすれば、毎日、あるいは人生のさまざまな場面で、常にその言語を活用することができ、学習の時間とエネルギーを無駄にすることはありません。

 

 

その他のコンテンツ

【ブログ】

言語が私たちの思考に与える影響
【インフォグラフィック】従業員が備えておくべき7つのソフトスキル

【お客様の声・導入事例】
株式会社QVCジャパン様:英語学習の支援を通して、社員のキャリアアップに寄り添う
横河電機株式会社様:成果保証付きの英語学習プランで社員の英語力底上げを狙う横河電機株式会社の挑戦

【ウェビナー】
goFLUENTの英語研修プログラム「ランゲージアカデミー」ご紹介ウェビナー

Share This