最新の「エキスパートに聞く」は、プリセールスおよびインプリメンテーション・チームのAliciaへのインタビューです。彼女の役割と、シームレスな法人向け語学研修を学習者に提供するためにチームとしてどのようなサポートをしているかのか、話を聞きました。

L&D(人材開発)にデジタルラーニングを最大限に活用する企業が増える中、学習者だけでなくL&D担当者にとっても、インテグレーションによってプロセスが簡単になることは素晴らしいことです。

当社のプリセールスおよびインプリメンテーション・チームのおかげで、ハイパー・パーソナライズされた語学研修を大規模に展開することは、それほど大きな課題ではありません。シングルサインオン (SSO)による簡単なアクセスから迅速な研修登録、リアルタイムのレポートまで、何でも大丈夫です。

プリセールスおよびインプリメンテーションコンサルタントのAlicia Garciaは、4年以上前からドイツにあるオフィスに勤務しています。チームとともに、学習者の研修体験を向上させるとともに、世界中の企業の研修担当者の体験を効率化することに貢献してきました。

Aliciaと彼女の役割については、エキスパートに聞く」の最新記事で詳しくご紹介しています。

経歴と、goFLUENTのプリセールスおよびインプリメンテーション・チームに入ったきっかけを教えてください。

私にとって最高に気持ちがいいのは、物事の理由がわかるということです。どう説明しましょうか…。私はいつも好奇心が旺盛なのです。ですから、goFLUENTでラーニングコンサルタント(LC)として働き始めたとき、インテグレーションとは何か、学習者の体験をよりよくするためにそれがどう役に立つのか、常に興味がありました。

LCチームに所属していた頃、多くの学習者と接する機会がありましたが、中には技術に疎い人もいました。パソコンが苦手、パスワードの再設定が不安、オンラインの教材がうまく活用できないなど、さまざまな悩みを抱えていました。そこで私は、プリセールスの仲間にいろいろ質問しながら、AIを搭載した弊社の学習プラットフォームについて理解し、学習者の皆さんに伝えられるよう努めました。

長年にわたって、私たちのソリューションが技術的に向上したことだけでなく、学習者の観点からもアクセスや操作がより簡単になるという魔法のような変化を目の当たりにしてきました。現在ではワンクリックで、学習者がgoFLUENTのランゲージ・アカデミーに直接アクセスできるようになったのです。

私は、企業が学習体験を効率化していくのをサポートすることが、自分のやりたいことだと気づきました。そこで、プリセールスおよびインプリメンテーション・チームの募集があったとき、すぐに応募しました。それで今、ここにいるわけです。

ご自身の役割とチームについて、ご自身の言葉で教えてください。

プリセールス&インプリメンテーション・チームは、簡単に言うと、クライアントとのプログラムに企業ブランディングを取り入れ、学習者がgoFLUENTの研修にアクセスしやすくし、研修管理者に特定のニーズに基づいた研修レポートを提供することを担当しています。コンサルタントとしては、デジタルラーニングを次の段階に進めたいと考えているお客様の信頼できるアドバイザーとして、EdTechのニーズをサポートします。

私がgoFLUENTに在籍している間、私たちは150以上のインテグレーションを成功させてきたので、本当に強力なチームであると言えるでしょう。みんな自発的で強く、親切で、クライアント独自のニーズに基づいて結果をもたらすような、効果的でカスタマイズされた研修体験を作るため、何時間も費やしています。

仲の良いチームについてですが、一緒に仕事をしていて楽しいことは何ですか?

私たちは、さまざまな文化的背景を持つチームです。英語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、中国語、ルーマニア語、フランス語を話します。ダイバーシティ&インクルージョンとは、このことですね。

私たちは、それぞれ異なる個性を持っていますが、互いに補い合うことができるのは素晴らしいことです。それが、オープンマインドで、困難な状況にも適応できる理由だと思います。私たちは、常に助け合い、問題を解決するために額を寄せ合います。また、お互いにアイデアを出し合える安心感もあります。

このことが、私たちのチームだけでなく、goFLUENTをユニークなものにしているものだと思います。私はいつも、人を受け入れ、インクルージョンを推進し、家族的な雰囲気を持つ会社で働きたいと思っていました。goFLUENTには、そのような環境が整っていると感じています。

あなたの仕事で一番好きなことは何ですか?やりがいは何ですか?

私は、文字通りテクノロジーとともに成長してきて、適応が早い世代です。ですから、誰もが私のようにテクノロジーと気楽に付き合えるわけではないと理解しています。それでいいんです。

そのために、私たちはプリセールスやインプリメンテーションコンサルタントとして、ここにいるのですから。

この仕事で一番好きなことですか?実装の技術的な面を理解するのにサポートを必要とするお客様とミーティングをするたびに、「すみません、技術的なことは得意じゃなくて。今日はあまり進歩しないと思います」と仰るところから会話が始まり、「おかげでわかりました。ありがとう」で終わることです。誰かの技術的なニーズに応えることができたと思うと、いつも笑顔がこぼれます。

プリセールス&インプリメンテーションでの毎日は、良い意味でチャレンジングです。プロジェクトごとにベストを尽くすという意味での挑戦です。

クライアントの社内システムやイントラネットは、それぞれ仕様やニーズが異なります。常に最適な状態で学習してもらうためには、継続的なアップデートと改善が必要です。そのため、常にアンテナを張り、変化に対応できるようにしておくことが重要です。それ以上に、どんな問題にも解決策があるのだから、いざというときに慌てないということを学びました。そして、それは常に実現されているのです。顧客満足度98%というのもうなずけますね。

仕事における “成功 “をどのように定義しますか?

私は、すべてのクライアントと良好な関係を築くことを心がけており、その結果、信頼できるアドバイザーとして、多くの素晴らしいコラボレーションを実現してきました。プロジェクトを担当した瞬間から、導入が完了した後まで、クライアントは私の専門知識を信頼し、私を最優先に考えてくださっています。 

また、社内でどのようにインテグレーションを推進するか、新しい実装を使用してどのようにエンゲージメントを高めるかについて、私の考えを聞かれることもあります。このように、お客様のお役に立てること、アイデアを提供できることは、私にとって大きな喜びであり、この仕事の醍醐味でもあります。

つまるところ、経営者にとっても従業員にとっても、研修がより効率的で楽しいものになるために、できることがたくさんあるのです。そのため、プログラムの立ち上げにゴーサインが出たときは、自分の技術力が語学習得を加速させるのに役立ったという達成感を味わうことができます。それが私の考える「成功」です。

エキスパートに聞く」は、goFLUENTの様々なチームの声を紹介するブログシリーズです。クライアントとの関係を築くプロフェッショナルから、学習者のモチベーションを上げ、学習意欲を高めるコンサルタント、そしてコンテンツや製品を開発・制作するスタッフまで、このシリーズでは、当社のエキスパートたちがクライアントの語学研修の成功にどのように貢献してきたか、さまざまなストーリーを紹介しています。

 

その他のお役立ちコンテンツ

【ブログ】

エキスパートに聞く:Ekaterina Myagkovaの語学学習成功への道しるべ

語学研修は、どのように従業員エクスペリエンスを向上させるのか

【開催レポート】 ヘンケルジャパン株式会社のgoFLUENT活用事例  ~修了率93%、エンゲージメントの高い オンライン英語研修の鍵とは?

 

【eBook】

語学研修で従業員エクスペリエンスを向上させる方法

 

【ウェビナー】

アサヒグループホールディングスの組織変革に伴う英語人材育成の強化

 

Share This