investire dans la formation linguistique

グローバル展開する企業にとって語学研修の重要性はますます高まってきています。語学研修に投資していくべき理由を以下にご紹介します。

今や、学習の機会は、従業員の幸せと満足を維持するための最重要事項となっています。実際、LinkedIn Workplace Learning Reportによると、94%の従業員が、L&Dに投資してくれる企業であれば、その企業に長く勤めたいと答えていることが明らかになっています。このため、企業は従業員の学習を優先し、職場での研修に労力とリソースを大きく投じるようになりました。

しかし、従業員がグローバルな職場で有能であり続けるためには、どのような研修が最も必要なのでしょうか。技術的なスキル?ビジネススキル?それともリーダーシップでしょうか? これらの研修はそれぞれ重要に聞こえるかもしれませんが、今日の国際的に展開するビジネスにとって最も戦略的に有効なのは語学研修です。ここでは、その5つの理由をご紹介します。

 多言語話者への高いニーズ

海外にオフィスを構える企業、国際的な企業と提携している企業、多様な顧客ベースのニーズを満たす努力ををしている企業など、どの企業にとっても、多言語でコミュニケーションできる能力は、ビジネスの成功に欠かせないものになりつつあることは間違いありません。

それこそが、2015年にバイリンガル/マルチリンガル人材の需要が2倍以上に増加した理由なのです。そして、あなたがこれを読んでいる頃には、この数字は間違いなく増えていることでしょう。これは、第二言語(あるいは第三言語)を必要とする世界のトレンドと国際的な需要の変化を反映しています。

クライアントへの対応や同僚との共同作業に必要な語学力が備わった時こそ、あなたの会社は将来のビジネスに挑戦する準備が整ったと言えるでしょう。なぜなら、将来のビジネスは、多文化・多言語であるからです。

le aziende operano a livello internazionale

ローカルにとどまらずグローバル展開する多くの企業

企業がその活動範囲と影響力を拡大するにつれ、語学学習はやがて企業の企業戦略にとって不可欠な要素となるでしょう。さまざまな業界で急速な成長と拡大が見られるからこそ、従業員はどこに行っても、誰と共同作業をしても、業務を遂行するための適切な言語スキルが必要なのです。

企業の活動の国内外を問わず、プロフェッショナルには、仕事を遂行するために必要な技術的スキルだけでなく、異なる文化的背景を持つ同僚や顧客と効果的に仕事をするためのコミュニケーション能力も求められているのです。

これは、国際的なビジネスでは当然のことかもしれませんが、誰にでも当てはまることです。海外でビジネスをしていない?それでも、あなたの顧客がすべて日本語を話すとは限りません。もし、顧客がその国の母国語しか話さないのであれば、従業員は彼らと対話できるように準備しなければなりません。そうでなければ、ミスコミュニケーションや誤訳のために、新しいチャンスやビジネスが失われる危険性があるのです。

この問題を解決する最良の方法は何でしょうか? ひとつは、パーソナライズされた法人向けの語学研修ソリューションです。これを導入することで、大規模かつオンラインでシームレスに展開することができます。そうすれば、グローバルに展開したい企業でも、導入の難易度は低くなります。

team multiculturali

多様なチームの出現

従業員と市場の両方が同じように多様化していることを企業が認識し始めると、従業員にグローバル言語を学んでもらうことを決意するようになります。経済成長に伴い、従業員は自分とはかけ離れた文化を持つ人々と接触することになります。ですから、共通語で会話することが重要です。そうすることで、プロフェッショナルは最大限に生産的かつ効率的に仕事をすることができるようになるのです。

また、語学を学ぶことは、その国の歴史や習慣、人々について学ぶことでもあります。つまり、語学学習が文化的感受性や包括性と結びついていれば、従業員は語学力だけでなく、文化的能力も身につけることができるのです。そして素晴らしいことに、あなたの会社もよりインクルーシブなものになるのです。

語学学習戦略に長期的な投資をすることは、従業員のL&Dとキャリアアップに投資していることにとどまりません。グローバルな多言語経済において、従業員の能力を高め、競争力を高めることにもつながるのです。

superare le barriere linguistiche

従業員のコミュニケーション力という課題

仕事の世界はグローバルになりつつあります。グローバル化を目指す企業にとっては喜ばしいことですが、現代の従業員にとっては、喫緊の課題があります。国境を越えて効果的にコミュニケーションを図る、ということです。

企業のあらゆる職務に携わる従業員は、自信を持ってメッセージを伝える必要があります。そして、そのための語学力が備わってこそ、初めて実現できるのです。会議も、報告書も、取引も、コミュニケーションは不可欠な要素です。だからこそ、業界や職種を問わず、語学力は必要不可欠なのです

従業員の可能性と生産性を高めるために

語学力の高い人材は、企業にとってこれまで以上に貴重な存在です。2カ国語以上を話す従業員がいれば、社内のコミュニケーションや効率性、生産性の向上に貢献することができます。クライアントや顧客に対応する際にも、同じように対応できるでしょう。また、語学研修は組織にとって有益であると同時に、従業員のプロフェッショナルなスキルを最大限に引き出し、自信を深めることにもつながります。

多くの研修担当者のような、誤ったL&D戦略の優先順位を掲げないようにしましょう。他の多国籍企業と同じように、人材の育成のために従業員の語学学習に投資する、という選択をしていきませんか?

Share This