一部の企業では、語学学習に対する優先順位が低くなっていますが、実際はそうであってはなりません。一つには、明確で明瞭な言語による効果的なコミュニケーションが、協調的な職場環境を作り出す上で非常に重要なのです。

goFLUENTで語学の壁を取り払う」と題されたLearning Tech Talksのエピソードでは、goFLUENTプレジデントであるJohn Ambrose AmbroseがLearning Sharksの創立者である Christopher Lindと対談しました。John Ambroseは、今日の組織、特にグローバル企業が、語学学習を中心とした人材開発(L&D)と人材戦略を持つことで、どのようなメリットがあるかを説明しました。

本ブログでは、対談の中で説明されたグローバル企業にとって語学が重要な理由をまとめています。

1. チーム内のコラボレーションを促進する

より効果的なコラボレーションのためには、コミュニケーションが不可欠です。このことは、今日のデジタル社会、リモートワーク環境において特に顕著になっています。仕事の多くがバーチャルで行われていますが、それにより仕事のペースが速くなっているため、非効率になっている場合ではありません。さもなければ、生産性や利益が低下するというリスクを抱えることになります。

面白いことに、世界の人口80億人のうち、ビジネス英語に精通しているのはわずか5%だとJohn Ambroseは述べています。そしてこのことは、社内外で「ビジネス英語」でコミュニケーションをとる企業にとっては憂慮すべきことかもしれません。

グローバル企業(多くは英語圏に本社を置く企業)は、現在海外にビジネスを拡大しています。これは、多文化な職場を意味していますが、一緒に仕事をするためには、全員が理解しながら、こだわることのできるビジネス言語が必要です。そこで重要なのが語学研修です。

2. 語学力で候補者を選ばない=タレントプールが広がる

採用時に候補者を評価する基準としてよく使われる会話の流暢さは、ビジネス上の熟練度(例えば、電話会議を主催したり、提案書を提示したりする能力)とは異なります。

例えば、ビジネスの場でスペイン語を話す場合、口語で話すのとは大きく異なります。抑揚、使用する例、専門用語など、言語に関する配慮事項に大きな違いがあります。

John Ambroseは、この問題は特に候補者の基本的な語学力を最初にテストするだけの企業にとって大きな問題だと主張しています。入社後に、ビジネス言語での会話力がないことがわかるのです。

これでは、組織内に大きなスキルギャップが生じてしまいますが、心配はいりません。だからこそ、社内に語学学習プログラムを用意することが重要なのです。特にグローバル企業にとっては非常に重要なことです。

目標は、人材が十分な言語スキルを身につけ、それぞれの職務をより効果的にこなせるようになることです。

3. グローバル企業におけるキャリアアップの壁を取り払う

ポッドキャスト「Learning Tech Talks」のホストChristopher Lindは、「言語能力がなければ、自分の役割を果たすために必要な他のスキルを構築することはほぼ不可能です」と言います。

それは真実です。キャリアアップには語学力が必要だからです。語学研修の不足は、組織のL&D戦略だけでなく、企業の人材戦略にとっても支障をきたします。

例えば、技術的・専門的なスキルを持つ米国外の人材の採用を検討しているのであれば、その人たちの語学力を伸ばす計画を立てておくべきです。最初のポイントで述べたように、語学はコラボレーションの鍵です。

John Ambroseは、goFLUENTの主な目標の1つとして、語学がどのような組織においても必須事項であるという考え方を当たり前にすることを強調しました。言語は他のビジネススキルと同様、開発する必要があります。また、語学力は昇進するための武器でもあります

Christopher Lindによれば、企業向け語学研修ソリューションへの投資は、L&Dがビジネス上の会話に足を踏み入れる方法だと言っています。人材開発部門の責任者は、これらのプログラムが人材開発の観点からの貢献であることを強調できます。語学学習は、従業員の才能を開花させるのに役立つのではないでしょうか。

4. DE&I(Diversity, Equity & Inclusion)プログラムの充実に役立つ

DE&I(Diversity・Equity・Inclusion)にL(Language)はありませんが、そうあるべきです。グローバルで多文化な職場では、異なる文化や異なる言語を話す人を受け入れることが重要です。そうすることで、組織のメンバーに、誰もが自信を持ち自分の言語でコミュニケーションできる環境を作っていることを示すことができます。John Ambroseは、このビジョンを共有するために、goFLUENTの使命は、従業員がどの言語を母国語としていても、語学の壁を取り払うことだと説明します。この課題を解決するため、goFLUENTは英語以外の11のターゲット言語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、中国語、ポルトガル語、オランダ語、ロシア語、アラビア語、日本語、韓国語)の語学研修プログラムを提供しています。

5. すべての人に等しく学びの機会が提供できる

goFLUENTは2000年の設立以来、「すべての人々に等しい声を」というミッションを掲げています。goFLUENTは、初心者から中級者まですべての人を対象とした語学研修ソリューションを提供しています。
この語学研修を通して、企業は従業員に国際的な相手とより効果的なコミュニケーションをとる機会を与えることができます。その中心にあるのは、グローバル企業で働くすべての人のために、文化、伝統、信念のギャップを埋めることにあります。

まとめ

語学学習は、特にグローバル企業において、企業のL&Dや人材戦略に不可欠なものです。多文化な職場の従業員に対応することは容易ではなく、言語戦略を立てることが非常に重要なのです。

Share This