躊躇することは、理想の自分でいることを阻害します。ここでは、言語に自信を持つことが職場での成功につながる理由をご紹介します。

現代の仕事の世界では、組織ではしばしば専門知識よりも自信が好まれます。もはや、自分が優れているというだけでは十分ではないのです。その仕事ができることを示し、証明する必要があります。だからこそ、特に多文化な職場では、言語への自信が上に登っていくための鍵となるのです。

confident man in suit and tie

自信とは、単に安心感を与えるような雰囲気を出すだけではありません。自分の長所と短所を知り、より困難な役割を引き受ける勇気を持ち、正しいと思うことを支持する信念を持つことでもあります。ですから、海外の同僚と仕事をする際には、語学に自信を持つことがより重要です。

ここでは、仕事で成功するために自信をつけ、成熟していくべき理由をにご紹介します。

コミュニケーション力の向上

自信を持つことは、職場のコミュニケーションギャップを埋めるのに役立ちます。自信のある人は、特に自分の考えやアイディアを伝えるときに、ほとんどためらうことがありません。自信があれば、自分のメッセージを明確に伝えることができます。

言葉に自信を持つことができる職場は、優れたコミュニケーターを育みます。自信を持つことは、リーダーシップを発揮するときだけでなく、同僚と日常的に接するときにも必要なことです。

例えば、自分の意見や考えをきちんと伝えることができれば、より働きやすい環境をつくることができます。職場での衝突は、自分の意見をストレートに伝えることさえできれば、防ぐことができるのです。また、言葉に自信を持つことは、信頼性や影響力を高め、成功への大きな一歩となるのです。

two businessmen negotiation

パフォーマンスの躍進

リーダーが目標やビジョンを達成するためには、専門知識だけでなく、自信も必要です。

自信のある言葉遣いは、職場での成功につながることが証明されています。その大きな理由は、自信を持つことでより効果的に仕事をこなせるようになるためです。それだけでなく、要求された以上のことをするようになります(これは、競争の激しい企業社会で持っておくべき素晴らしいポイントです)。語学力などのソフトスキルと自信は、従業員の生産性や能力を高めるだけでなく、企業の収益性を確保するためにも不可欠なものなのです。

つまり、個人的な利点以上に、自信のある従業員は会社にも良い影響を与えるのです。自信に満ちた従業員は、自分のコンフォートゾーンから抜け出し、期待されている以上のことをやってのけます。そうすることで、会社全体のエンゲージメントとROIが向上するのです。ですから、今日の多文化でグローバルな職場では、自分をうまく表現できる有能な人材のプールを持つことが不可欠です。

パーソナルブランドの構築

興味深いことに、ソートリーダー、ディスラプター(破壊的企業)、CEO、世界のリーダーたちの多くは、自信を持っています。このため、自信こそがパーソナルブランドの基盤であると言われています。

何をしたらいいかわからない人よりも、自信のある同僚と一緒に仕事をするほうがいいに決まっています。その人が仕事に精通しているかどうかは別として、能力だけでは十分ではないということです。

仕事ができることを示すことは、一緒に働きたいと思わせるだけでなく、単に生活のために何をするかで定義されない、人としてのイメージとブランドを構築することになります。仕事の外では、あなたは別人のようです。そして、自信があれば、より楽観的なオーラを放つことができるのです。

 

言語的な自信は、職場で自分を確立するのに役立ちます。自分の考えを言語化する方法を知ることは、職場で有能で信頼できる「同僚」になるための不可欠なステップです。

confident asian woman

幸福度を高める

自信のある人は、最も幸せな人の一人です。そして、幸せは伝染するものです。自信があると、気楽でありながらプロフェッショナルであり、常に求められる以上のことをやってのけるので、あなたは仕事の内容にとらわれないというシグナルが同僚に送られます。

語学に自信があれば、世界中のさまざまな国の同僚と交流し、より親密になることができます。その結果、自分自身だけでなく、仕事にも、相手にも満足できるようになります。

自信の有無は、本人のセルフイメージに大きく影響します。様々な立場の人と自信を持って接するスキルは、必要不可欠です。これにより、より幸せで充実した人生を送ることができ、仕事や人生においてより多くのチャンスをつかむことができるようになるのです。

自己主張が容易に

自分を主張することは、企業の世界では重要な鍵となります。自分の考えを表現し、決断を下すための自信を持つことは、素晴らしい心がけです。これは、あなたのプロジェクトやアイデアについて、同僚、役員、関係者を説得するときに便利です。能力やスキルが高いだけでは、なかなかうまくいきません。

それだけでなく、国内外を問わず、より多くの仕事の機会をつかむことができるようになります。自信からくる自己主張があれば、どこででもより大きな役割を担うことができます。

ここで重要なのは、自信を傲慢さや過信と間違えてはいけないということです。職場における語学への自信が適切であれば、自分のアイデアをより効果的に共有し、組織内に変化をもたらすことができるようになります。我慢するのは絶対にやめましょう。自信があれば、自分の可能性を最大限に発揮することができ、また、生産性の高い職場づくりにも貢献することができます。

confident woman

自信を獲得し、より大きな成功を手に入れよ

実のところ、自信は生まれつきのものではありません。でも、安心してください。人前で話すワークショップに参加したり、リーダーシップ研修に参加したり、あるいはeラーニングプラットフォームやモバイル学習アプリを使って自宅で学習したりすることで、自信をつけ、職場での業務を克服することは可能なのです。

自信を高めグローバルな成功を実現するために、ソリューションプロバイダーをみつけて、法人向け語学研修をレベルアップしましょう。コミュニケーションとコラボレーションに自信を持つことは、キャリアアップのチャンスを広げる鍵になります。躊躇するのは終わりにして、成熟していきましょう

Share This