現在、人材開発担当者の大半は、従業員をより効率的に教育するために、デジタルラーニングに注目しています。職場でのニーズの高まりに対応するためにも、オンライン学習がどのように職場での研修をパーソナライズするのに役立つのかを知っておくことは素晴らしいことです。
formazione digitale

対面式の学習がすでに廃れてしまったかどうかはまだ議論の余地がありますが、今日、より多くの企業が、オンラインで従業員に効果的な研修を提供する方法を模索していることは、間違いありません。そう、デジタルラーニングです!
その理由は、デジタルラーニングは、対面式研修での経験を踏まえ、より良いものにするからです。

  • ビデオ通話でも、臨場感のあるインタラクティブな人との関わりを実現
  • 忙しい人に合わせて、より早く、より便利なスケジューリングを実現
  • 同じ学習教材で40%の時間短縮

さらに、デジタルラーニングでは、学習者が最適な手段で学習できるよう、よりパーソナライズされた学習が可能です。オンライン研修がどのようにして職場でのパーソナライズされた研修を促進するのか、もっと知りたい方はこちらをお読みください。

1.アダプティブラーニングによるパーソナライゼーション

 

まず、わかりやすく説明すると、アダプティブラーニングは単に学習をパーソナライズするだけではありません。学習者のニーズ、目標、好み、現在のスキルレベルに合わせて、研修プログラムやコンテンツを適応させることを目的としています。デジタルラーニングでは、人工知能(AI)と機械学習によって、学習者のパフォーマンスやニーズを分析し、学習者固有のニーズに応じた研修プログラムの表示をすることで実現しています。 しかし、それだけではありません。アダプティブラーニングシステムで動作するデジタルラーニング・プラットフォームを持つことは、以下のような利点があります。

 

  • 時間の節約 – アダプティブラーニング・テクノロジーでは、学習者のスキルレベルに応じてコンテンツがリアルタイムにパーソナライズされるため、学習がよりシンプルかつスピーディになります。また、従業員が研修に参加するために、現場や教室にいる必要がなくなるため、従業員の時間も節約できます。
  • いつでも最新のコンテンツ – どのような研修や開発プログラムにおいても、学習コンテンツが更新され、信頼できるものであることが重要です。アダプティブラーニングシステムは、学習者が既に受講したレッスンを追跡するので、AIやアルゴリズムが学習コンテンツの更新を認識し、あるレッスンが学習者に既に学ばれたかどうかを判断することができます。これにより、学習者はコース全体を見直すことなく、素早くアップデートすることができます。
mobile learning
  • 理解の促進 オンデマンドのマイクロラーニングコンテンツにより、複雑なトピックのレッスンも12~15分のビデオで簡単に理解できるようになりました。アダプティブラーニングでは、学習者の好みに合わせて、コンセプトの理解を深めるための集中的な研修を行うことができます。

  • 学習者のエンゲージメントを向上 世界の労働人口の増加に伴い、ますます多くのデジタルネイティブが増えています。彼らは最新のテクノロジーに適応しているのです。学習ポータルでは、魅力的なコースの提案やNetflixのようなユーザー体験を提供しており、学習者の研修への関心を高めることができます。

2.モバイルラーニングを活用した研修

信じられないかもしれませんが、アクセシビリティ(アクセスのしやすさ)は、デジタルと対面の両方において、今日の学習者や学習指導者が直面している最大の問題の一つです。しかしまた興味深いのは、2020年には世界のモバイルユーザー数が69.5億人となり、この2021年には71億人になると予想されていることです。

この数字は何を意味するのでしょうか?考えてみてください。より多くの人がスマートフォンにアクセスし、より多くのデジタルネイティブが職場に入るようになったことは、職場でのモバイルラーニングをより促進する機会となります。実際、eラーニング業界は、モバイルラーニングが単に「便利」なだけではなく、今や「必須」のものであると述べています。

それを可能にしているのが、デジタルラーニングの進化だと言えるでしょう。モバイルラーニングを個人向け研修の観点から見ると、携帯電話で管理された研修やプログラムは、従業員が簡単に利用できるようになりました。いつでも、どこでも、自分の都合に合わせて学習できるようになったのです。

さらに、モバイルラーニングのパーソナライゼーションに関する研究では、モバイルラーニングにおけるパーソナライゼーションは、2つの適応的なアプローチによって実現されると報告されています。(1)学習者への適応、(2)学習者の環境への適応。

ここで重要なことは、モバイルラーニングシステムでは、個々の状況に応じた学習プログラムの構成が可能であり、学習者は最も関連性の高い情報やコースを目の前に置くことができるということです。もちろん、従業員が自分の好きなトピックやレッスンを選んで、その場で学習することも可能です。これらの情報は、今後、学習者が受け取る他の学習コンテンツの提案に影響を与え、よりシームレスでカスタマイズされた学習を実現します。

3.補助学習コンテンツ

学習コンテンツといえば、デジタルラーニングプログラムが成功するかどうかは、パーソナライズされた学習テクノロジーだけではありません。学習者がアクセスできる学習コンテンツも関係があります。

例えば、goFLUENTでは、特定の研修コース(自動車業界、航空業界、ビジネスコミュニケーションの研修コースなど)を通じて、様々な業界のビジネスプロフェッショナルに関連した学習コンテンツを提供しています。学習コンテンツは、学習者の興味やニーズに焦点を当てているため、従業員のパーソナライズされた学習体験を高めることができます。

例えば、医療関係の仕事をしていて、従業員がイタリア人の同僚とコミュニケーションをとることが多いとしましょう。この場合、イタリア語のレッスンで医療用語を取り上げ、彼らにとって最も有用なセンテンスやフレーズを使って、ターゲット言語での会話を容易にするような語学研修コースを提供するとよいでしょう。

 デジタルラーニングでは、アダプティブラーニングシステムが従業員の好みや進捗状況、学習スタイルを把握します。これにより、適切なタイミングでコンテンツを配信し、従業員にとって楽しく魅力的な学習を行うことがこれまで以上に可能になっています。

digital learning

4.差別化されたeラーニング

従来の対面式の研修では、講師が画一的な学習を採用していることが多く、パーソナライズの必要性が生じた場合には、その場で修正しようとします。しかし、これではパーソナライズされた学習の意味がありません。

一方、デジタルラーニング(差別化学習)では、たとえ同じバーチャルクラスルームに所属していても、すべての学習者の個別ニーズを考慮することになります。しかし、これ以上混同する前に、デジタルラーニング(差別化学習)と個別指導の違いを知っておく必要があります。

デジタルラーニング(差異化学習)では、個々の学習ニーズを考慮することはできますが、講師が個々の学習者のためにカスタマイズされたレッスンを作成しなければならないということではありません。それは持続が困難ですから。

その代わりに、グループ内の学習者がより文脈に沿った学習ができる「フレキシブル・グループ」が重要な原則となっています。例えば、goFLUENTのグループクラスでは、同じチームや会社に所属する学習者が、ビデオ通話(Microsoft Teams)で一緒に語学レッスンを受けることができます。この場合、講師は、語学レッスンのさまざまな側面に関して、特定の学習者の固有のニーズに対応することができます。

このように、デジタルラーニングでは、従業員がより親しみやすい学習環境を提供することができます。また、他のデジタルラーニングツールを使えば、学習者は自分で学習することができ、よりパーソナライズされた学習が可能になります。

5.パーソナライズされたレポートと評価

オンライン研修が、パーソナライゼーションのための学習ツールを提供できるのははもちろんですが、デジタルラーニングテクノロジーのもう一つの重要な側面は、学習者のためのパーソナライズされたレポートを可能にすることです。

従来型の講師主導の研修(ILT)と比較して、ラーニングシステムでは、カスタマイズされた評価を学習者や研修担当者にリアルタイムで送信することができます。これにより、研修担当者や受講者が自分の学習状況を把握し、現在の研修・人材育成プログラムにROIがあるかどうかを確認することが可能になりました。

さらに、学習システムでは、レベルチェックテストや診断を行うこともできます。例えば、goFLUENTポータルでは、初期の診断テストによって学習者の言語レベルを簡単に把握することができます。その結果は、テストを受けた直後に見ることができるのです。

これは非常に重要なことで、講師と学習システム(アダプティブラーニングテクノロジー)の両方が、各学習者が必要とする最も適切なコースを決定するのに役立ちます。同時に、この評価とその後のパーソナライズされた評価に基づいて、さらなるコンテンツの提案も行われます。

Share This