語学学習は従業員のアップスキルやリスキルに必要不可欠で、優先順位をあげて企業研修で取り組むべきです。この記事では、語学学習が社員にもたらす利点をご紹介します。

世界中の企業で人材不足が叫ばれている今、最適な戦略は、人材を集めることよりも、有望な候補者を生み出すことだと言われています。研修担当者やヘッドハンターは、社内の人材プールを拡大するために人材を奪い合っているのです。このような状況に対処するためには、効果的なアップスキルとリスキルのプログラムを実施することが一つの大きな方法です。

Udemy for Businessによると、最近ではビジネスコミュニケーションスキルの向上に力を入れている企業が増えているとのことです。チーム間でより良いコラボレーションを実現する必要性以上に、企業は従業員が海外の同僚、顧客、取引先と有意義なビジネス関係を構築する能力を開発しようとしており、そのためには普段共に仕事をしている人の言語を学ぶ必要があるのです。

そのためには、社員に多くの語学学習の機会を与える必要があります。今日の多国籍な職場では、語学学習は単に語学力を得るための手段ではありませんそれ以上に、学習者の現在の業務上の役割や業界、習得しようとしている他のスキルに関連したものでなければなりません。つまり、より良いコミュニケーションを求めることは、言語学習が対応できることの一つに過ぎないのです。

理解を深めるためには、CLILの仕組みを知るのが一番です。CLIL(Content and Language Integrated Learning)とは、語学学習を通じて異なる科目を学ぶことで、(1)特定のスキルやコンピテンシーの習得、(2)語学力の獲得、という2つの目的があります。これらは同時に行われます。

CLILの興味深いところは、学習内容が関連性のあるコンテンツで編成されるところです。例えば、営業担当者が外国人顧客との交渉をうまくこなす必要があるとします。ターゲット言語を学びながら、その言語でのプレゼンテーションや交渉のスキルを磨くことができるのです。

これ以外にも、学習者は語学学習から多くのメリットを得ることができます。ここでは、従業員のアップスキルだけでなく、将来を見据えたプロフェッショナルな成長のためのアップスキルにもつながる、語学学習の主なメリットをご紹介します。

 

1. 従業員の自信の獲得と生産性の向上につながる

社員がそれぞれの職務や業界に特化した言語スキルを身につけることで、コミュニケーションに自信を持てるようになるのは間違いありません。そして、コミュニケーションに自信を持ち、気づきやアイデアを共有することで、チーム内でより良いパフォーマンスを発揮できるようになるでしょう。

同様に、組織のグローバル化が進むにつれ、従業員が海外の同僚と交流したり、コラボレーションしたりする機会も増えています。そのため、従業員に必要な言語やコミュニケーションスキルを身につけさせることで、ミスコミュニケーションを減らし、非効率性を低減することができます。最終的には、組織の生産性の向上につながります。

colleghi di altri paesi

例えば、語学学習がどのように機能するかをより理解するために、企業はgoFLUENTと提携して、従業員が現在の職務に役立つ言語スキル(言語コミュニケーション、言語理解、文書でのコミュニケーション)を身につけられるように支援しています。

例えば、ある科学者が、ほとんどが英語で書かれた文書やプレゼンテーションを理解するのに苦労しているとします。学習者の業界に焦点を当てた言語スキルを身につけることは、単に英語を学ぶためだけでなく、科学雑誌やその他の重要な文書を扱う職務でより良いパフォーマンスを発揮するためにも必要です。

その結果、英語に対する自信や能力が高まり、従業員の生産性やパフォーマンスに大きな影響を与えることができるのです。

2. ソフトスキル、将来役立つスキルが身につく

CLILアプローチでは、語学研修を通じた社員のアップスキルは、基本的なコミュニケーションスキルに焦点を当てるだけでなく、学習者が外国語を指導(および学習)として使用することで、どのように別の特定のスキルを獲得できるかを考慮します。

例えば、goFLUENTの学習ポータルでは、言語学習コンテンツが職種や業種(金融、製薬・ヘルスケア、小売りなど)ごとに分類されており、第二言語学習の関連性を高めています。

学習者にハイパー・パーソナライズされたアダプティブラーニング体験を提供する方法はこちら

膨大な数の語学学習教材の中から、学習者はそれぞれの業界に関連する様々なレッスンやコースを探すことができます。それだけでなく、現在はもちろん、将来役立つスキルを身につけることができます。例えば、コミュニケーション能力を高めたり、職務上のタスクをこなす能力を高めたりすることができます。

3.内部昇進の機会が広がる

従業員の職種、業種、学習スタイルに合わせた語学研修を提供することで、従業員のリスキルを行うことができ、より昇進しやすい環境を作ることができます。

例えば、ビジネスライティング、リーダーシップ、会議や交渉の管理、プレゼンテーション、異文化コミュニケーションなど、専門的なスキルに焦点を当てた語学レッスンを含むgoFLUENTのソリューションのように、ビジネスに焦点を当てた語学学習を従業員に提供することが可能になります。

 その結果、従業員は、現在の仕事や将来目指す役割の中で、さまざまなシナリオに克服するための適切なコミュニケーションスキルを身につけることができるのです。 

さらに、複数の言語でコミュニケーションができる社員は、海外駐在員になる可能性も高くなり、それがプロフェッショナルとしての成長やキャリアの幅を広げることにもつながります。

結果、従業員の内部昇進の機会を広げることで、組織内の流動性を高めることができ、社内の人材プールが多様化し、さらにビジネスを発展させることができるのです。

結論

目まぐるしく変化する今日、社員の語学力やビジネスコミュニケーション能力を養うことに価値を見出す企業が増えている中で、より効率的なコラボレーションやダイナミクスを実現し、企業の生産性をさらに高めるためには、語学学習を中心としたアップスキルやリスキルのプログラムは欠かせません。

Share This