従業員が主体的にアップスキルするために人材開発(L&D)ができる4つのこと

従業員が主体的にアップスキルするために人材開発(L&D)ができる4つのこと

企業が将来に向けて労働力を強化するためには、従業員のアップスキルが不可欠です。このブログでは、人材開発(L&D)がチームにアップスキルを促す4つの方法をご紹介します。 人材開発担当者は、従業員のための効果的なアップスキルプログラム を作成するために、時間、労力、リソースを費やしています。それはすばらしいことですが、人材開発担当者の仕事は、それだけではありません。 ツールと戦略を用意したら、今度は社員の学習意欲を高めることに専念しましょう。研修の効果は、その参加率にかかっていると言っても過言ではありません。...
デジタルラーニングが可能にする研修・人材育成のパーソナライゼーションとは?

デジタルラーニングが可能にする研修・人材育成のパーソナライゼーションとは?

現在、人材開発担当者の大半は、従業員をより効率的に教育するために、デジタルラーニングに注目しています。職場でのニーズの高まりに対応するためにも、オンライン学習がどのように職場での研修をパーソナライズするのに役立つのかを知っておくことは素晴らしいことです。...
【開催レポート】 ヘンケルジャパン株式会社のgoFLUENT活用事例  ~修了率93%、エンゲージメントの高い オンライン英語研修の鍵とは?~

【開催レポート】 ヘンケルジャパン株式会社のgoFLUENT活用事例  ~修了率93%、エンゲージメントの高い オンライン英語研修の鍵とは?~

 2021年9月29日、goFLUENT株式会社(以下、goFLUENT)は、導入企業様の事例紹介として、ヘンケルジャパン株式会社とウェビナーを行いました。多くの参加者の皆様からの質問に都度答えながら、終始和やかに行われた模様をレポートいたします。 【イベント概要】タイトル:修了率93%達成、ヘンケルジャパンとgoFLUENTで取り組むエンゲージメントの高いオンライン英語研修 ~集合イベント・キャンペーンとの融合がその鍵を握る~ 開催日時:2021年9月29日(水) 11:00~12:00...
インターナルモビリティがもたらす3つの驚くべき効果と、それを実現するためのリスキルについて

インターナルモビリティがもたらす3つの驚くべき効果と、それを実現するためのリスキルについて

インターナルモビリティは、特に今日の企業が置かれる競争の激しい環境において、組織の発展を可能にします。しかし、インターナルモビリティにはどのような利点があるのでしょうか。詳しくは以下をご覧ください。 大企業を中心に、インターナルモビリティは何年も前から採用の現場で話題になっていますが、それが組織の成長にどのように貢献しているかを知ることは重要です。Linkedin社のデータによると、2020年の社内公募率は、前年の同時期に比べて約20%高くなっています。...
デジタルバッジを社員のアップスキルやリスキルに活用するための5つのベストプラクティス

デジタルバッジを社員のアップスキルやリスキルに活用するための5つのベストプラクティス

人材開発(L&D)プログラムにデジタルバッジを導入することで、従業員のアップスキルやリスキルをより充実させ、学習のモチベーションを向上させます。デジタルバッジ活用のベストプラクティスについては、以下の記事をご覧ください。  学習者のエンゲージメントはアップスキルやリスキル、あるいはあらゆる人材開発プログラムにおいて、長年の課題となっています。この課題の解決方法の1つが、学習が継続できるような仕組みを作ることです。学習者が楽しみながら学習するには、研修にデジタルバッジを導入することが最適です。...